海江田万里氏インタビュー「高校生にわかる政治・経済」

高校生にわかる政治・経済

高校生にわかる政治経済というのは、今年の夏の参議院の選挙で有権者が18歳以上になりました。やっぱり若い人にもっともっと政治や経済に興味を持ってもらおうということで始めたんです。
そうしましたら意外と、高校生じゃなくて、大人の方やお年寄りの方が読んでくれていて、いろんな意見も聞かせてもらっています。
それはそれで、私はいいと思っているんです。ただ気持はやっぱり、若い人達が政治経済にもっともっと関心を持ってくださいと。
自分では無関心でいても、政治は若い人達を全部巻き込みますから。自分では無関心だと思っていても、向こうは無関心じゃないですね。若い人に借金を押し付けたりとか。
それからいろんな形で、たとえば安保法制という法制ができましたけど、これはやっぱり今すぐにということではないけれど、徴兵制なんかになればそこに行くのは若い人達ですから。やっぱりそういうことに自分は無関心でいても、政治のほうは若者に対していろんな義務だとか、もちろん権利もありますけど、そういうものを押し付けてくるということです。

そして、政治塾というのは、若い人達に単に勉強するだけじゃなくて、できたら
勉強して、まず自分の意見を持ってもらいたいというのが狙いです。
それと同時に、ゆくゆくは政治に興味・関心を持ってもらったら、自分でも立候補しようと、区議とか都議とか国会議員とか、そういう人材も育てたいなと思っています。

pagetop