海江田万里氏インタビュー「漢詩について 」

漢詩について

漢詩はみんな、必ず中学や高校で習っているんですよ。だけどはっきりいってその授業、私も昔受けましたけども、あんまり面白くないんですよね。
というのは、学校ですとどうしても、漢詩の中でもお酒の話だとか恋愛の話だとか、いい詩がたくさんあるんですけど、それらはほとんど取り上げられませんね。
それで、花鳥風月だとか、自然の話だとか、「少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず」とか、とにかく一生懸命準備・勉強しろと、そういうような話ばかりテーマに取り上げるから、だから漢詩はつまらない。

それから、たとえば学校で習った「春眠暁を覚えず、処処啼鳥を聞く、夜来風雨の音、花落つること知る多少」という詩があると思うんですけど、これだっていろんな意味があるんですよ。
「春眠暁を覚えず」、学校では「春になって暖かくなったから、いつまでも眠っていられる。庭に出てみると、昨日の夜は風が強く吹いたからきっと花がたくさん落ちただろう」と、まぁこういう解説なんです。
けれど私が解説すれば、この人はなんで朝ゆっくりと寝ていられるかというと、いろんな事情があって、一つは定年退職して会社勤め、昔でいうと役所勤めを辞めたんですよ。あるいは自分で、もう役所勤めは面白くないから、もう自由に生きるんだといって辞めたわけですよ。
昔の役所勤めっていうのは、日本も奈良時代なんかはそうですけど、中国でも、けっこう朝早いんですよ、役人は。それこそ本当に朝6時とか5時とか、出かけていくわけです。
だけど自分はもう辞めちゃったわけだから、朝寝ができるんだと。役人でいた時期は肩肘張って、朝も早くから行って、窮屈だったけども、俺はもう今日から自由人だ、ゆっくり朝眠って、鳥の声をゆっくり聞くことができる。
こういう、自由な気持を謳った詩だと、私はそういう解釈をしているんです。

もちろんいろんな解釈が成り立つわけですけど、そういうような解釈をあんまり学校で習った覚えはないし。
そういう意味では、本当は漢詩というのは面白いものなんです。だけどそれは今の学校の漢文の授業で、面白くなくしているんじゃないかということ。

私は東海大学のエクステンションセンターという、若い人じゃなくて、リタイアした人達を中心に、私なりの漢詩の読み方を講義していますけど、結構みんな面白いって言ってくれますね。
若い人達も、最初からあんまり固い解釈ばかりじゃなくて、私の解釈のような、面白いというか、いろんな見方があるから、いろんな見方で漢詩を読んでくれると、きっともっともっと好きになるんじゃないかなと思います。

pagetop